* 食事と一緒に!
* おやつの時間に!
* 仕事の合間のブレイクタイムに!
* おやすみ前のほっと一息タイムに!

オリゴ糖・乳酸菌・食物繊維配合
健康応援ブレンド茶!

とは?

内側からの健康に大切な乳糖果糖オリゴ糖と
3種の乳酸菌をたっぷり配合した健康茶!

内側からの健康には、善玉菌を増やして悪玉菌よりも優勢にすることが大切です。

乳糖果糖オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって、善玉菌の活動を応援します。

また、選び抜いた3種の乳酸菌を外から補給することで、内側と外側の両面から体内環境へしっかりアプローチします。

食物からでは十分に摂れないオリゴ糖を日々の食生活にプラスα!

乳酸菌と併せて、あなたの内側からの健康をサポートします。

いつものように
入れるだけ!

ティーバッグ 1 包に 1700 mgの乳糖果糖オリゴ糖を配合。ハトムギ、六条大麦などをベースにした麦茶の 香ばしさと、オリゴ糖のほのかな甘みを感じられる優しい味に仕上げています。

いつものようにマグカップやティーポットでお湯出しするだけなので簡単! さらに、1包で数回のお茶を抽出して楽しめます。

茶らりオリゴはとっても
“カラダ思い”

  • 元気な毎日をサポートをしてくれる『乳糖果糖オリゴ糖・食物繊維・乳酸菌』を配合
  • 香ばしさとほのかな甘みのある、飽きのこないスッキリとした味
  • お茶だから、毎日の食事と一緒にオリゴ糖を摂る習慣を作りやすい
  • カラダにやさしい「ノンカフェイン」
  • 小さなお子様からご年配の方まで、家族みんなが安心して飲めるお茶

“オリゴ糖”とは?


オリゴ糖はビフィズス菌を増やすための
良きパートナー!


オリゴ糖はビフィズス菌を増やすための
良きパートナー!


体内環境は加齢・ストレス・運動不足などにより善玉菌が減少してくると悪玉菌の方が優勢になってしまいますが、健康的な環境は善玉菌が優勢な状態です。

そこで
内側からの健康には、善玉菌である「ビフィズス菌」などを増やして善玉菌を悪玉菌よりも優勢にすることが大切です。もともと存在する善玉菌を元気にして増やすためには、ビフィズス菌をサポートしてくれるオリゴ糖食物繊維を摂ることが大切です。


いろいろな種類があります


いろいろな種類があります​


オリゴ糖には様々な種類があり、それぞれの特徴を持っています。大きくは消化酵素によって分解されて体のエネルギー源になる「消化性」のものと、 消化されずに届く「難消化性」のものに分けられます。


善玉菌の活動を促して
内側からの環境を整える


善玉菌の活動を促して
内側からの環境を整える


オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となり、内側からの環境を整える働きをサポートします。

そんな“オリゴ糖”を摂るためには……

オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品に含まれていますが、1 日の必要量をこれらの食べ物から摂るのはなかなか難しいとされています。

毎日の食生活だけでは十分に摂ることが難しいオリゴ糖を、オリゴ糖入り製品などを上手に活用して摂り入れたいですね!

らりオリゴの こだわり

らりオリゴの
こだわり

注目したのは乳糖果糖オリゴ糖

注目したのは
乳糖果糖オリゴ糖

善玉菌のビフィズス菌をサポート!

オリゴ糖にはいろいろな種類があますが、乳糖果糖オリゴ糖は、 「難消化性のオリゴ糖」です。

オリゴ糖の中でも乳糖果糖オリゴ糖は難消化性のオリゴ糖であり、熱や酸にも強いため温かいお茶に適しています。

また、サトウキビに含まれるショ糖と牛乳の中に含まれる乳糖を原料にしているので、上品な甘みを持ちクセがなく、砂糖と比較してもカロリーも甘さも控えめです。

オリゴ糖の量の
こだわり

毎日の食生活だけでは、十分に摂ることが難しいオリゴ糖。茶らりオリゴは善玉菌がよろこぶ乳糖果糖オリゴ糖を1包 に 1700mg 配合し、毎日の食生活で取り入れやすいお茶にしました。

日々の食事から摂れるオリゴ糖の量に、プラスαのお手伝いをします。

製法の
こだわり

お茶にオリゴ糖を組み合わせ、できるだけ多くのオリゴ糖 を配合できるよう、独自の浸透コーティング製法を用いまし た。

さらにそのオリゴ糖が お茶の中にうまく溶け出すようにす るための工夫を重ね、今までにありそうでなかったお茶の 製品化に成功しました。

おいしさのこだわり

茶らりオリゴは、毎日手軽にオリゴ糖を摂っていただくため味にもこだわり、美味しい素材を吟味しました。香ばしさと自然な甘みを感じる味は、年代を問わず好まれる味で、食事に合うのはもちろん、おやつの時、ホッと一息の時間のお供にもおすすめです。

安心の国内工場製造・品質管理

安全で安心な製品をお届けするため、国際規格※FSSC22000 を取得し、それに基づいた食品マネジメントを 構築した、管理レベルの高い国内工場で製造しています。

※消費者へ安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムに関する国際規格である ISO 22000 をベースにし、 より確実な食品安全管理を実践するために作られたマネジメントシステム規格です。

茶らりオリゴは
こんな方にお勧めです

腸活に興味がある方

お子様・高齢者の方

カフェインが気になる方

ヨーグルトや
発酵食品が苦手な方

カプセルや
粉末のサプリが苦手な方

茶らりオリゴの
原材料

ハトムギ

コメやムギをしのぐ栄養価を持ち、ビタミンB1、カルシウム、鉄分などを豊富に含んでいます。なかでもタンパク質は良質のアミノ酸で形成され、他の穀類に比べて美肌、美白に優れた食材と言えます。また、水分を調整することで、むくみの改善も期待できます。

ハトムギ特有の成分「コイクセノライド」には様々な研究で健康との関連が報告されています。

六条大麦(麦芽)

本製品は、適切な温度と水分を与えて発芽させ、味わい・栄養価を高めた大麦を用いています。

発芽により糖化酵素が活性化され、デンプン質が糖化されて麦芽糖が生成されます。消化酵素として働くアミラーゼ、プロテアーゼ、インベルターゼ、フィターゼなどが含まれています。

菊芋

菊芋はごぼうと同じキク科の野菜です。乾燥菊芋に含まれるイヌリン(水溶性食物繊維)は、多くの水分を吸収して便の質を改善します。また一部はフラクトオリゴ糖に分解され、ビフィズス菌などの善玉菌の餌になります。余分な糖質やコレステロールを包み込み吸収を穏やかにします。

こんにゃく

ゲル化することで便の質の向上、また不要な物質と結びつくことで排出を促進します。一部はオリゴ糖に分解されることで、ビフィズス菌などの善玉菌の餌にもなります。

13億個の乳酸菌を
トリプル配合!

現代人の幅広い悩みに働きかけることを目的に、生きて届く乳酸菌・植物由来ナノ型乳酸菌などの選び抜かれた3種の乳酸菌を組み合わせました。本製品には一包当たり13億個の乳酸菌を配合しています。

茶らりオリゴ
開発ストーリー

らりオリゴ」は、日常の食事からでは十分に摂り切れないオリゴ糖をどうしたらもっと手軽に摂ってもらえるか?と考え、多くの人が毎日口にする食品とオリゴ糖を組み合わせれば、手間をかけずに美味しく続けていただけるかと考えて開発した商品です。

ひと口に毎日口にする食品と言っても様々ですが、小さなお子様からご年配の方まで好き嫌いなく口にできて、水分補給を兼ねられるお茶という形を選びました。さらに安心してお召し上がりいただけるようにノンカフェインの素材を選定しました。

長く飲み続けていただくためにお茶のおいしさにこだわり続けている国内の製造工場と共に、今までにないタイプのお茶を完成させました。

「こだわり」と「苦労」を経て

商品化にあたり、一番難しかった点は「ベースとなる原料の選定」と「乳糖果糖オリゴ糖の配合量」 でした。

「原料の選定」では、飲みやすくスッキリした味になることと、オリゴ糖を配合するのに最も適した素材であること、さらに味のバランスを考た結果「ハトムギ・六条大麦」をベースにしました。ノンカフェインなので、家族みんなでお飲みいただけることも理由の一つです。

「乳糖果糖オリゴ糖の配合量」は製造段階で一番苦労した点になります。“手軽にお茶を飲みながらオリゴ糖も摂れる”というコンセプトからティーバッグを採用しました。そこにできるだけ多くのオリゴ糖を配合するために、材質や大きさなど数十種類のティーバッグを何度も試し、風味や旨みを逃がさない一番適したティーバッグにたどり着きました。

しかし、一杯分の大きさは限られています。そのため、その中に 1.7gの乳糖果糖オリゴ糖を配合することはかなりの高配合となるため至難の業で、一番苦労した工程です。

およそ一年近く試行錯誤を重ねて、ようやく「茶らりオリゴ」は完成しました。

「独自の技術(製法)」だからできること

独自の技術である「浸透コーティング製法」は、焙煎した原料に乳糖果糖オリゴ糖などの液体、粉末原料を固定できる製法です。この技術により希少な成分を均一に配合することができ、また抽出するまでティーバッグに原料を閉じ込めることができるようになりました。

製造工程

1 原料受入れ

菌検査・水分活性値など、各種検査に合格した原料のみ が工場内に入ることができます。

2 原料焙煎

原料の持つ香り・旨味を最大限に活かすため、焙煎は原料ごとに時間・火力・温度など最適な条件を設定しています。職人が香り・旨み・色合いを五感で確認し、調整します。

3 ブレンド

焙煎した各原料をブレンドします。ハトムギは穀物としての味をアップさせるため、発芽と呼ばれる工程を経ています。

4 浸透コーティング・乾燥

「浸透コーティング製法」は、原料に乳糖果糖オリゴ糖などの液体、粉末原料を固定できる製法です。

これにより、それらを均一に配合することができます。

5 品質検査

品質検査(色・風味・菌検査・水分値)は、各工程の度行い安全性・品質管理を徹底しています。

衛生的な作業環境と品質管理体制の整った工場だからこそ、安全な製品の製造が行えます。

6 原料包装
・異物チェック

商品一つ一つ丁寧に個別包装し、金属異物探知機により異物チェックを行います。その後パッケージを溶着し、商品が完成します。

原料包装

異物チェック

溶着

基本の
お召し上がり方

大きめのマグカップやティーポットなどに本品1包を入れて、熱湯を200〜300mL注いで、パックの中にお湯が十分染みわたるよう、しっかりとよくかき混ぜてください。

3〜5分待った後、よく溶け出すようにさらにしっかりとかき混ぜてください。

ティーバッグを取り出してお召し上がりください。

冷やしても美味しくお召し上がりいただけます。

よくあるご質問

乳糖果糖オリゴ糖はオリゴ糖の中でも熱や酸に強く、温かいお茶に適しています。また、上品な甘みでクセがないためベースとなる茶葉との相性も最適です。

ハトムギ・六条大麦の香ばしさと、オリゴ糖のほのかな甘みが感じられるクセのない飲みやすさが特長です。

また保存料や着色料などは含まれておりませんので、お子様からご高齢の方まで家族皆様でお召し上がりいただけます。

本商品には 1 包あたり 1700 mgのオリゴ糖が含まれています。1 日 1 包以上お飲みいただいても問題
ありませんが、一度にオリゴ糖を多く摂った場合など、体調によりまれにお腹がゆるくなることがあり
ますので、その場合は量を加減してお召し上がりください。

ノンカフェインですので問題ございませんが、乳幼児の場合はおなかの調子を見ながら量を調整してお召し上がりください。また、ご心配な場合はお医者様にご相談ください。

アレルギーをお持ちの場合は、必ずパッケージに記載されている原材料をご確認下さい。
また、体質に合わない場合は速やかに引用を中止しお医者様にご相談ください。

保存料が含まれておりませんので、抽出したお茶はその日のうちにお召し上がりください。

水 750mL~1Lにティーバッグ1~2包を入れて、冷蔵庫で8~12時間冷やしてお召し上がりください。なお、抽出したお茶は翌日中にお召し上がりください。

Internet Explorerなど一部のブラウザでは、画面が正しく表示されない場合がございます。
Edge、Google Chrome等のブラウザの最新のバージョンでご覧ください。